Web制作

集客できるホームページ制作、WordPressとHTMLどちらがおすすめ?

ホームぺージで集客をしていきたい!けれど一体どうやってホームぺージを作ればいいのか、ということで悩んでいませんか?この記事ではページ作成に使われる代表的な2つの方法、WordPressとHTMLでの制作についてそれぞれのメリット、デメリットを交えて紹介していきます!

 

HTMLとWordPressの違いは?

HTMLとWordPressはどちらもWebサイトを作ることができるという点では共通していますが、すこし種類の違ったものです。

例えば、HTMLはマークアップ言語と呼ばれる種類の言語のうちの1つです。

 

マークアップ言語とはWebサイトを表示するためにどの文章がどの要素を持っているかということを規定するための言語です。

少し難しいため、ここでは単純にWebサイトを作るための言語、ぐらいの認識でも大丈夫です。

 

ともかくHTMLは「言語」であるということです。

 

対して、WordPressはCMSの1つです。CMSとはコンテンツ管理システム(Contents Management Sytem)の略称です。

 

これは、Web上のコンテンツを配信したり管理したりするための「システム」です。WordPressで制作したWebサイトも最終的に表示される際にはHTMLで記述された形式になります。

 

ではこの2つの方法にはどのような違いがあるでしょうか。

HTMLでWebサイトを作るには、直接HTMLをテキストとして打ち込んでいく必要があります。

一方でWordPressでは直接HTMLを打ち込まなくてもWebサイトを作ることができます。

 

これだけ聞くとWordPressの方が簡単で便利なように聞こえますが、もちろんそれぞれの方法にメリットとデメリットがあります。

 

次の章以降では実際にそれらについて解説していきます。

 

HTMLのメリット、デメリットは?

メリット

まず、HTMLは1から自分で書いていく必要があります。これは、裏を返せばWebサイトの全てについて自分で自由に編集できるということです。このように自由度が高いというのはHTMLを直接編集していくメリットの1つです。

 

また、直接HTMLを記述していく形で作られるWebサイトの特徴として静的なページであるということが挙げられます。これもまた目的に合ってさえいればメリットといえます。静的ページとは、HTMLのような単なるファイルデータがサーバー上においてあり、それにユーザーがアクセスする形のページのことです。特徴としては静的ページはいつでも、どこでも、だれでも常に同じページが表示されるという点があります。このような形のため表示速度が速くなるというメリットがあります。

 

デメリット

静的ページであるということは、更新の都度アップロードしてあるHTMLファイルを編集しなければならないということになります。

 

そもそも、HTMLという言語を理解していなければ作ることすらできないという意味では、手軽さという面でデメリットを持っている方法とも言えます。

 

WordPressのメリット、デメリットは?

メリット

まずは、Webサイトを更新したりするだけなら専門的な知識が無くても簡単にできてしまうというのは大きなメリットの1つでしょう。さらに手軽な部分はそれらの管理がブラウザ上で可能であるということも挙げられます。

また、Webサイトで集客を行う上で重要なSEO対策がしやすいという点もHTMLで直接記述する場合と比較して大きなメリットです。それに加えて便利なプラグインが数多く存在しているため簡単にデフォルトではない機能を実装できるのも良い点の1つです。

 

デメリット

このように一見、完璧に見えるWordPressにも、もちろんデメリットが存在しています。例えば、WordPressはオープンソースのソフトウェアです。オープンソースとはプログラムを動かしているソースコードが公開されているということです。これがどのような問題となるかというと、セキュリティの問題が懸念されます。オープンソースであるということは世界中の誰もがWordPressの脆弱性を発見したり、悪用できる可能性があるということです。そのため常に最新のバージョンを維持するような努力がユーザー側にも必要とされます。

 

また、WordPressは無料のソフトウェアです。それはつまりエラーに遭遇した際のサポートがないということを意味しています。しかし、既知のエラーであれば多くの場合インターネット上に解決策がありますからそれほど心配する必要はないでしょう。

 

最後のデメリット、というよりユーザーの認識の間違いから起こっている誤解なのですが「WordPressは全くHTMLの知識がいらない」と思われていることです。この記事でも確かに「HTMLの知識がなくても出来る!」と書きましたが、これはあくまでも出来る、だけです。力を入れてWebサイトを運用していくためにはWordPressを使う場合でもHTMLやCSSの知識があるに越したことはありません

 

まとめ ホームぺージで集客ならWordPressがおすすめ

このように今回紹介した2つの方法、HTMLとWordPressではそれぞれメリットとデメリットが存在しています。最後にどのようなWebサイトであればどちらがおすすめなのかということを紹介したいと思います。

 

まずはHTMLです。HTMLではランディングページのようなページ数の少ないWebサイトや比較的更新の頻度が低いWebサイトを制作するのがおすすめです。

 

WordPressでは、逆にページ数が多く、頻繁にコンテンツを発信していきたいという方針のWebサイトを作ることをお勧めします。

つまり、もしWebサイトで自社の強みを発信していくようなコンテンツマーケティングで集客していくことを目的としているのであればWordPressでの制作がおすすめです!

 

弊社イツザイでは、Webサイトの制作、コンテンツ発信、Webサイトのアクセス分析等、お客様のWeb集客をお手伝いする事業を行っております。WordPressでのWebサイト制作やコンテンツ発信にご興味がございましたらお気軽にご相談ください!

‹ PREVIOUS
SEO対策の料金はどれくらいが目安?施策のタイプ別に紹介!
NEXT ›
Webデザインの流行 変わるものと変わらないもの、コンテンツ発信……

web集客でお悩みですか?

お気軽にご相談ください!

お問い合わせ

HP集客ステップ step1状況分析,step2集客企画,step3ウェブ制作,step4ウェブ更新,step5データ分析 HP集客ステップ step1状況分析,step2集客企画,step3ウェブ制作,step4ウェブ更新,step5データ分析