集客企画

Web集客は代行・コンサルに依頼すべき? 必要性、費用感について紹介

 

Web集客に取り組む際、考えるのは「プロに任せるべきか、自分たちでやるべきか?」ということではないでしょうか。代行会社やコンサルティング企業に依頼するのであれば、もちろんお金がかかりますから成果が出ないということなるのは避けたいですが、かといって全て自社で完結させるというのも大変そうで不安になりますよね。

 

この記事ではWeb集客は代行やコンサルに外注すべきなのかということをテーマに外注の必要性、メリットや外注先を選ぶ際のポイントなどを解説していきます。

 

Web集客を代行会社やコンサルに外注する必要性

そもそもWeb集客とはどういうものか

まず、ここで紹介したいのはWeb集客の具体的内容というよりもWeb集客とそのための施策の性質についてです。かみ砕いて言えば、Web集客は誰にでもできます。誰にでもできるというのはもちろん誰でも成功するという意味ではなく、特別な資格や免許がなくても出来るという意味です。

 

つまり、Web集客は自社内で完結する、いわゆる内製化することができるというわけです。では、なぜWeb集客の代行会社やコンサルティング企業というのが世の中には多く存在しているのでしょうか。つまり、自分でできるはずのWeb集客を外注する必要性は何なのかということについてこの章では解説します。

 

Web集客を外注する必要性

Web集客を内製化するには、ただWeb集客の施策を行えばいいというわけではありません。自社の強みはもちろんのこと、将来的に顧客となり得るユーザーにどのような需要(ニーズ)があるのか、それに加えてマーケティングの知識やWeb集客のノウハウという要素から戦略的に施策を考案する必要があります。

 

このすべてを自社内で補うためには、元々素養のある人材、もしくはWeb集客施策のために担当者に教育を行う、ということが必要になります。

 

つまり、効果的かつ効率的なWeb集客を行うためには、内製化するよりも外注するほうがコストパフォーマンスが高いと考えられるわけです。

 

Web集客代行・コンサルはなにをやってくれる?

では、実際に外注をすることになったとしましょう。外注先によって異なるかと思いますが、Web集客代行やコンサルティングはどのようなことを仕事をしてくれるのかということについて紹介します。

 

Webサイト制作

もし、自社のWebサイトがないのであれば、まずはWebサイトを制作するところから始まります。実はWeb集客というのはWebサイトを制作していく時点から始まっています。どのような戦略でWeb集客を進めていくかという点に即したWebサイト制作が必要になるためです。そのような意味では既に自社のWebサイトがある場合でもサイトの改修を検討するというのも1つの選択肢です。

 

Web集客を成功させるための戦略策定

この先どのような形でWeb集客施策を進めていくのかという点での戦略を決定します。自社の強みをどのように押し出していくのかはもちろんのこと、競合他社やマーケット全体の分析などを行い、どのようなターゲットを目標としてどのような施策を行っていくべきなのかということを決めていきます。

 

Web集客施策の実行

決めた戦略を元に実際に施策を行っていきます。代表的なものとしてはSEO対策やリスティング広告、SNSの運用など多岐にわたります。どの施策にも共通して言えるのは、施策を1回行って終わり、というわけではないということです。Web集客を成功させる上では、施策を行い、その施策の結果を分析し次の施策に活かしていくというのが不可欠です。

 

Webサイト分析

1つ1つの施策に対する分析に加えて、Webサイト全体の分析というのも重要な要素の1つです。どのようなユーザーからお問い合わせを獲得できているのか、どのようなページが人気でどのページは振るわない結果なのかということを分析し、最適化していくという作業です。

 

Web集客を外注するメリット・デメリット

実際にWeb集客を代行会社やコンサルティング企業に任せる場合にはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

 

Web集客を外注するメリット

集客率の向上

当然ではありますが、外注を受ける企業はプロですので、自社で内製化するよりも集客率は向上するでしょう。外注先にもよりますが、様々な業界を見てきているコンサルタントであれば、自社だけでは思いつかなかったような発想や視点での意見で今までに見えてこなかった自社の強みというのも発見できるかもしれません。

 

本業に集中できる

これもまた当然ではありますが内製化に比べて、外注では自社内で行う仕事はかなり少なくなるため本業に集中して取り組むことができます。よくあるケースとして、本業のかたわらWebサイトを運営しているため、更新が不定期になるなど効果的な運用が出来ないということがあります。このようなことは外注によって無くすことができます。

 

時間的コストの削減

もしWeb集客を内製化するとなると、専門知識をすでに持っている人材がいない限り、1から勉強をするところからはじめなくてはいけません。Web集客の知識は移り変わりが激しいという面もありますので、マスターするには不断の努力が必要です。外注をすればこのように勉強に時間をかける必要はなくなりますから、時間的なコストを削減することができます。

 

Web集客を外注するデメリット

金銭的コストの増加

当然ではありますが、外注すればお金がかかります。Web集客は必ずしも短期間で結果を出せるというわけではありません。そのため中長期的に依頼する場合には、費用がその分かかってしまいます。

 

ある程度の知識は勉強する必要がある

これはデメリットというに相応しいか分かりませんが、全くWeb集客について勉強しないというのは少し危ないかもしれません。もちろん、プロに任せるという点で知識面の不安は少ないですが、ある程度の知識は付ける必要があります。

なぜなら、中には知識が無いことをいいことに悪徳業者に騙されてしまう、なんてこともあるかもしれないからです。

そうでなくても、コンサルティングをお願いする上で、自社の強みを的確に外注先に伝えるためにも、Web集客の仕組みやどのようなことをするのかということは知っておいて損はないでしょう。

 

自社の知識をうまく伝えなければいけない

コンサルタントと自社の間で認識のずれが生まれてしまうと、効果的な集客ができません。ですから、コンサルタントにしっかりと自社の強みや業界の専門的知識を伝える必要があります。このコミュニケーションをミスしてしまうと折角のコンサルティングも的外れになってしまう恐れがあります。

 

Web集客代行・コンサルの費用相場

Web集客代行やコンサルティングの費用は媒体によってもかなり異なるのですが、今回はまず、必ず必要になるWebサイトの制作と代表的な施策であるコンテンツSEOについて紹介します。

 

Webサイト制作

Webサイトの制作はサイトの規模感によって大幅な開きがあります。概ね30万円程度からかなり大規模なものになると200万円程度というものもあります。このあたりは様々な業者に問い合わせ、自社に必要な規模感はどの程度なのかということ加味して適切なサイトを作る必要性があります。

 

コンテンツSEO

コンテンツSEOの外注は月額制で設定されていることが多いです。相場としては概ね月5〜30万円程度でしょう。

 

月額制の場合はコンテンツSEOの一連の流れをコンサルティングしてくれる場合が多いのですが、中には記事だけを売っている場合もあります。この場合は一括支払いになり、1記事あたり5000円〜5万円程度が相場とされています。ここまでの価格に差が出るのはどのようなライターが記事を書いているのかということによって決まります。例えば、実績のあるライターや専門家に執筆を依頼している場合には記事単価は高くなってしまうでしょう。

 

こちらでは弊社の料金プランを紹介しております。明確な料金設定が強みですので是非参考にご覧ください。

月額6万円でコンテンツSEOの運用が可能!明瞭な料金体系

 

また、価格相場についてより詳しく解説した記事もありますのでこちらも参考にどうぞ

SEO対策の料金はどれくらいが目安?施策のタイプ別に紹介!

 

Web集客代行・コンサルを選ぶ際のポイント

point

近年では多くのWeb集客代行やコンサルティングを行う企業が存在しています。依頼する側からすればどのように選んでいいかというのは難しい問題だと思います。

 

ここからは、実際に外注先の業者を決める際のポイントについて紹介していきます。

 

事業内容や会社に寄り添ってくれるか

本当に良いコンサルタントとは、依頼者の強みや要望をしっかりと汲み取れる人です。サイトに訪れる人が増えても、実際にサービスを利用してくれる人でないと集客する意味はないですよね。自社が出会いたいユーザーにお客さんになってもらうには、コンサルタントとの話し合いが重要です。誠実に向き合ってくれるコンサルを選びましょう。

このような面は、実際に話してみないとわからないという面が多くあると思います。ですから、お問い合わせをし、話してみて考えるというのも選び方の1つです。

 

価格とサービスが明確か

出来ることならコストは抑えて良い結果を出したいですよね。しかし、安すぎるというのも考えものです。安すぎる業者は、サポート体制が不足していたり、オプションを付けると結果的に高額になったりする場合があります。Web集客をやっていくとなると中長期の付き合いになることが多いですから、価格とサービスが明確に示されているかはしっかりとチェックしましょう。

 

外注先の実績や強い業界はどこか

当然ながら、Web集客代行やコンサルはWeb集客のプロではありますが、依頼主の業種のプロではありません。そのためどのような業界に実績があるかということも重要です。自社の良い所を伝える際にはある程度専門知識も必要でしょうから、もし業界に対する事前知識があれば自社の強みを伝えやすいはずです。

 

まとめ 費用対効果を考えるなら外注がおすすめ

これからWeb集客を行っていくなら、代行業者やコンサルティング企業に外注するのをおすすめします。社内でWeb集客を完結させるためには、人材を育てるところから始める必要があり、長い時間がかかります。Web集客自体も結果が出るまでに時間がかかるため、実際に結果が出るまで大幅に時間がかかってしまうのです。しかも必ずしも結果が出るとは限らないわけですから、費用対効果を考えると外注の方がお得ではないでしょうか。もちろん、これは多くの場合で企業によっては内製化が適しているという場合もあると思います。どちらにせよ今回の記事を参考にどちらにすべきかということを判断してもらえれば幸いです。

 

もし、外注の方が適しているとなったのであれば、是非弊社イツザイにもご相談ください。

Webサイトの制作から記事の制作までコンテンツSEOを一連の流れを一貫して提供できることを強みに様々な業界のお客様をお手伝いしてまいりました。お気軽にお問い合わせ頂ければ幸いです!

 

お問い合わせはこちら

‹ PREVIOUS
失敗しないWeb集客の方法とは?施策の選び方と集客のコツを徹底解……
NEXT ›
SEMとは何か リスティング広告やSEOとは何が違う?

web集客でお悩みですか?

お気軽にご相談ください!

お問い合わせ

HP集客ステップ step1状況分析,step2集客企画,step3ウェブ制作,step4ウェブ更新,step5データ分析 HP集客ステップ step1状況分析,step2集客企画,step3ウェブ制作,step4ウェブ更新,step5データ分析