集客企画

SEMとは何か リスティング広告やSEOとは何が違う?

SEO or SEM

SEMという言葉を聞いたことがあるでしょうか?似たような言葉にSEOというのもありますよね。これらは一体どのような関係なのでしょうか。実はSEMはWebサイトで集客をしていくには必須のものです。今回の記事では、このSEMについて深堀りしていきますので是非最後までご覧ください。

 

SEMとは?

Search Engine Marketing

SEMとは Search Engine Marketing(検索エンジンマーケティング)の略です。つまり、検索エンジンを用いたマーケティングという意味ですが、実はSEO対策リスティング広告というのはこのSEMに含まれるものであるといえます。

 

about SEM

ではSEMとされるSEO対策とリスティング広告とはどのようなものなのでしょうか。簡単に説明したいと思います。

 

 

SEO対策

SEOとは Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略です。SEO対策とは検索エンジンに対して最適化するための対策であるといえます。SEO対策の目標は検索結果の上位に表示されるということです。このことでより多くのアクセスを得るということが目的となります。

 

このSEO対策を大きく分けると内部対策と外部対策、そしてコンテンツSEOの3種類の施策に分けることができます。内部対策ではWebサイトのHTMLの最適化やサイト内でのリンクを作成するということが行われます。外部対策では被リンクやサイテーションを得ることを目標とし、それに即した施策を行います。

 

最後のコンテンツSEOとは、発信するコンテンツを使った施策です。コンテンツSEOでは高品質でユーザーに有益な情報を発信することで検索エンジンからの評価を得て、検索結果の上位を目指します

 

このようにSEO対策では複数の施策を組み合わせて検索結果の上位表示を目指していきます。

about SEO

リスティング広告

リスティング広告とは検索結果の上部に表示される広告です。検索したキーワードに関した広告が表示されるため、検索連動型広告とも呼ばれています。検索結果上でタイトルの左上に「広告」と表示されているものがこのリスティング広告です。

 

SEM施策どちらを選ぶべき? SEO対策のメリット・デメリット

SEO

ではSEMで集客を行っていきたい場合、どちらの施策を行えばいいのでしょうか。ここからはそのようなお悩みの参考になるように、それぞれの施策のメリットやデメリットを紹介していきます。

 

SEO対策のメリット

SEO対策の最もわかりやすいメリットは無料であるということです。既にWebサイトを持っていれば今すぐ無料で始められるという参入のハードルの低さが大きなメリットです。他にもリスティング広告と比べCTR(クリック率)が高いというメリットもあります。また、潜在的なニーズを持っているユーザーと接触することでユーザーとの信頼関係を築いたり、その過程で企業のブランディングをすることもできます。また、一度上位表示されると新規ユーザー獲得の継続性があるというのもメリットの1つです。

 

SEO対策のデメリット

一見メリットばかりのSEO対策ですが、もちろんデメリットもあります。それは、結果が出るのにある程度時間がかかるという点です。SEO対策、特にコンテンツSEOにおいては中長期的に結果を見ながらより効果的な施策を行っていくというプロセスが必要であるため、1週間や1ヶ月程度では結果が出ないという点がデメリットです。

 

また、SEO対策をしたからといって確実に、検索結果で上位に表示されるとは限らないというのもデメリットの1つです。これら2つのデメリットが重なり、SEO対策は結果が簡単に目に見えないことが多いという特徴を持っています。

 

SEM施策どちらを選ぶべき? リスティング広告のメリット・デメリット

Listing ADs

次にリスティング広告のメリットとデメリットを紹介します。

 

リスティング広告のメリット

リスティング広告の大きなメリットは、即効性があるという点です。

また、リスティング広告の特徴は検索したキーワードに関連した広告を表示するというものでした。つまり、リスティング広告は確実に興味のあるユーザーに見てもらえるということになります。このような確実にターゲットに届けられるというメリットは、裏を返すとターゲットとしたいユーザーに対して柔軟に広告を設定できるということにもなります。

 

リスティング広告のデメリット

リスティング広告のデメリットはやはり、有料であるという点でしょう。確かに効果はありますが、継続的に効果を得るためには継続的に料金を払わなければいけません。この点は明らかなデメリットといえます。

また、近年ではユーザーが広告を嫌っているという風潮があるようです。多くのユーザーが検索結果の上に広告が表示されているということを理解し、無視したり広告を非表示にする機能を使っている場合もあります。このような点も含めて検索結果上位のコンテンツに比べCTRが低いというのがリスティング広告のデメリットです。

 

組み合わせも強力!両方使う選択肢も

さて、ここまででSEMと呼ばれる2つの施策についてメリットとデメリットをまとめてきましたが、どちらが適しているのかというのはピンときましたか?どちらがいいかわからない、どっちのメリットも取りたいという方にはもちろん両方の施策を行うというのもおすすめです。この章では、両方の施策を行うことで得られる効果というのを紹介したいと思います。

 

まず、リスティング広告は即効性があるということを述べましたが、その即効性からユーザーのデータ(つまり、どのようなキーワードで検索したユーザーがどれくらいクリックしてくれているのかというようなデータ)をすぐに入手することができます。このように入手したデータを元にSEO対策を行っていくというのは効率的な戦略です。SEO対策のデメリットは即効性がないことですが、その部分をリスティング広告で補うということです。

 

このようにSEO対策とリスティング広告は反対の性質を多く持っています。そのため、事業やサイトのテーマに沿って、どちらも行っていくというのも選択肢の1つとして有力です。

 

まとめ SEMは外注もおすすめ

SEM、特にSEO対策は中長期的な施策の見直しや意思決定が必要となります。このような施策を自社だけで完結させるのは意外と大変なことでもあります。そのような場合は、外注することをおすすめします。確かに、ここまで紹介してきたSEMはそこまで専門的な知識が無くてもインターネットで調べながら実践して結果を出すことができる分野です。しかし、継続的な労力が必要なことも確かで、途中で頓挫してしまうとそれまでの努力が水の泡になってしまいます。

 

弊社イツザイでは、Webサイトの制作などSEO対策を0からスタートできることを強みに、コンテンツ発信のお手伝いやアクセス分析などのサービスを行っております。お気軽にお問合せ下さい!

 

お問い合わせはこちら

‹ PREVIOUS
Web集客は代行・コンサルに依頼すべき? 必要性、費用感について……
NEXT ›
コンテンツSEOのリライトはどのように行うべきか リライトでSE……

web集客でお悩みですか?

お気軽にご相談ください!

お問い合わせ

HP集客ステップ step1状況分析,step2集客企画,step3ウェブ制作,step4ウェブ更新,step5データ分析 HP集客ステップ step1状況分析,step2集客企画,step3ウェブ制作,step4ウェブ更新,step5データ分析