Webサイトの流行が表すもの

カテゴリ:制作

2016.6.21

こんにちは、株式会社イツザイです。

突然ですが、皆さんは「Webサイトの流行」と言うのをご存知でしょうか?

Webサイトにもファッションや音楽のように「流行」があります。
代表的な例として、ここ数年で多く目にするものの中に「カルーセル」と言ったものがあります。

今回はこのカルーセルが何故流行っていて、どういった利点があるのか少し検証したいと思います。

Webサイトの流行の利用とメリット

b94114fbad410f03d0cd1a05b63f29b2_s

カルーセルとは、特定のスペース内をスライドするように画像が入れ替わり、様々な広告を表示する物です。
時間が経つと自動的に切り替わるものや、小さなサムネイルが下に配置しており、クリックすることで表示を変えるものと、種類がいくつかあります。

カルーセルの一番の魅力は「限られたスペースでより多くの情報を伝えることが出来る」点です。
テレビCMなどと同じように、次々と映像が切り替わることで、いくつもの情報をユーザーに与えることが出来ます。

Webサイト流行の移り変わり

2000年代初頭などのWebサイトではユーザーのインターネット回線速度などを考え、動的なサイトは作らない、と言うものがマナーとしてありました。
情報を伝えるなら文字や画像を小さくして載せるか、ページを複数に分ける、一定期間が経ったものは表示を消す、と言うのが当時のルールです。

しかし、昨今では光回線や高速4G回線が増えることで、データの大小による読み込み時間が減ってきています。
そういった中で、細かい文字や小さな画像を多用するのではなく時間ごとにスライドし切り替わるカルーセルが流行しました。

流行っているものにはこういった理由があります。
そしてその流行の理由がわかれば、効果的に利用することでユーザーは興味を持ってくれます。

音楽やファッションと同様にあるWebサイトの流行をいかにうまく利用するか、それが肝心です。
イツザイでは、流行の理由や次にどういったものが流行するか、そういったところにアンテナを高く張ることで、より印象を残し集客につながるサイトの制作を常に意識しています。

お客様の魅力を伝えるためのWebサイト作りのために日々取り組んでいくイツザイ姿勢をぜひ体感してみてください。


タグ:

  調査   企画   制作   更新   分析