Web更新

SEOにおけるタイトルの付け方や適切な文字数、重要性とは?

記事のタイトルはSEOという観点で見て非常に重要な要素の1つです。それでは、最適なタイトルとは一体どのようなものなのでしょうか?この記事では、SEO対策の記事におけるタイトルの付け方や重要性について解説します。

 

SEOにおけるタイトルとは?

SEOにおけるタイトルとは記事のタイトルをユーザーと検索エンジンにわかりやすく伝えるためにあります。そのためにタイトルはHTML内のtitleタグに記述されます。

記事のタイトルはユーザーが検索結果上で一番最初に目にする部分であり、ユーザーが抱えるニーズを解決できることを示した内容にすることが望ましいとされています。

また、タイトルにはユーザーだけでなく、検索結果エンジンにも記事の内容がどのようなものかということを伝える役割があります。そのためタイトルを適切な内容にすることで検索順位を上昇させることを見込むことができます。

 

なぜタイトルが重要なのか

先ほど述べた通りタイトルはユーザーと検索エンジンのどちらにも記事の内容をわかりやすく伝える役割があります。そんなタイトルが重要視されるのは当然といえば当然なのですが、タイトルタグを最適化することでどのような効果があるのかを紹介します。

 

検索順位の上昇

先ほども述べた通り、タイトルの最適化は検索エンジンにも作用するため検索順位が上昇することを見込めます。

 

クリック率の上昇

クリック率の上昇が見込まれる要因は2つあります。1つは検索順位が上昇したことに起因するクリック率の上昇です。検索順位とクリック率の関係は以下の調査で明らかにされています。

参照:2021 CTR Research Study: The Largest Ever for SEO

この調査では、検索順位の1位が13.94%、2位が7.52%、となっており1位と2位の差は大きく開いており、順位が上がるにつれてクリック率が大幅に増えていくことが示されています。

このように検索順位が上がることはクリック率を増やす要因となるため、タイトルを最適化することがクリック率増加につながるというわけです。

もう1つの理由は、タイトルを最適化することでユーザーがクリックしてくれやすくなるということです。

たとえば、

「SEOのタイトルについて」

「SEOにおけるタイトルの付け方や適切な文字数、重要性とは?」

これらのタイトルが並んでいたらどちらをクリックするでしょうか。後者の方が記事の内容が具体的に説明されており、記事を読むことでどのようなことを知ることができるのかがはっきりしています。このようなタイトルを付けることでユーザーがクリックしやすくなるというわけです。わかりやすいタイトルを付けるポイントについては後ほど紹介します。

 

SNSにおける拡散

多くの人がSNSを利用しており記事の内容がためになるものであればSNSで共有されるということも起こるでしょう。そのようなときにも記事のタイトルが表示されることになります。わかりやすく魅力的なタイトルをつけることで、SNSにおいても拡散力を得ることができ流入の増加を見込むことができます。

 

効果的なタイトルの付け方・ポイント

タイトルを付ける際のルール・付け方

ここからは実際にタイトルを決めていくためにどのような手順を踏んでいけばいいのかを紹介します。

記事で対策するキーワードを入れる

まずは、記事で対策しているキーワードを入れることを考えましょう。記事で対策したキーワードは必ずタイトルに入れることが必要です。キーワードを含めなければキーワードで対策した記事を書いた意味がなくなってしまいます。

 

対策KW周辺のサジェストワードやニーズのあるワードを洗い出す

対策したキーワードに加え、そのキーワードと一緒に検索されているワードやニーズが共通しているワードを洗い出しましょう。具体的にはGoogle検索のサジェストや「他のキーワード」などを参考にするのがよいでしょう。ここで洗い出したワードをすべて使う必要性はありませんが、適したワードを散りばめることでより効果的なタイトルにすることができます。

 

競合がどのようなタイトルを付けているかを分析する

対策したキーワードで検索をし、実際に上位表示されている記事がどのようなタイトルを付けているのかということも参考にしてみましょう。恐らく、競合の記事でも上記で洗い出したワードが使われているはずです。しかし、競合を真似るだけでは上位表示は難しいでしょう。競合を分析してより魅力的でクリックしたくなるタイトルとは何かということを考えましょう。

 

ターゲットやニーズに合わせて内容を調整する

以上で洗い出したり、分析した内容を元に実際にタイトルを考えていきましょう。ここでポイントとなるのは実際の記事がどのようなターゲットやニーズを対象としているかということです。ターゲットとするユーザーのボキャブラリーに合わせたワード選びやニーズを解決できることが伝わるようなタイトルにすることを意識しましょう。

 

タイトルを付ける際のポイント・注意点

ここまででは、タイトルを付ける際に、どのような手順を踏んでいくかということを紹介しました。ここからは、タイトルを考える際に注意しなくてはいけない点やポイントを紹介します。

 

重要なキーワードは出来るだけ前の方に入れる

ニーズに直接関わるキーワードや記事で対策しているキーワードは出来るだけタイトルの前の方に入れるようにしましょう。検索結果は横書きであるため、左から読むこととなりユーザーの視点は左側に集中します。出来るだけユーザーの目に留まりやすい位置にキーワードを配置することが重要であり、それがタイトルのできるだけ前の方であるということです。

 

自然な内容にする

不自然なキーワードの羅列や箇条書きでタイトルを作るのはやめましょう。同じキーワードを詰め込み過ぎたり、不自然な文章をタイトルに設定すると検索エンジンからスパムと判断されペナルティを受ける恐れもあります。キーワードは基本的に自然な形で1回登場していれば十分ですのでキーワードを入れこむことを意識しすぎないように気を付けましょう。

 

文字数は30字程度にする

タイトルの文字数は30字程度が望ましいとされています。というのも長すぎるタイトルは省略されてしまい、ユーザーから見えなくなってしまいます。30字程度で完結していないタイトルにしてしまうと見切れてしまい内容をユーザーに伝えられないというわけです。とはいえ神経質に30字ピッタリにする必要はなく、明確な意図があるのであれば30字を超えてしまっても問題はありません。無意味に長いタイトルは避ける必要があるというわけです。

 

クリックされやすい言葉を使う

実は、世の中にはクリックされやすい言葉というのが存在しています。その代表は具体的な数字です。たとえば、「○○3選!」や「5分でわかる!」などのようなワードを入れこむことで内容が具体的に伝わるようになります。

このほかにもクリックされやすいとされている言葉はいくつか存在しています。

・地域に関する言葉

・ニーズを捉えた言葉

・ポジティブ(ネガティブ)な言葉

ターゲットやニーズに合わせてこのような言葉をタイトルに含めることでタイトルを見たユーザーの印象は大きく変わります。特にクリックされやすい言葉に共通するのは具体的なイメージを持たせやすいという点です。具体性を意識してタイトルを考えてみましょう。

 

タイトルを変更してSEO効果を高める

タイトルを考えるのは新しく記事を制作する際だけでなく、既存の記事に対しても行うことでSEOの効果を高めることが可能です。特にここまでで紹介してきたルールに則っていない場合、タイトルを変更するだけでも検索順位が上がるという可能性があります。タイトルの変更はリライトなどと比べ、少ない手間で行うことができるため費用対効果の高い施策であるといえます。この記事を参考にタイトル変更を検討してみてください。

特に検索順位に対してクリック率が低い記事はタイトル変更によって効果が上がる可能性が高いとされています。というのも、順位が高いのにクリックされていないというのは、ユーザーが検索に表示されている情報に興味や関心を抱いていないからです。順位が高いということは記事の内容自体は問題ないはずですので少しもったいない状態であるといえるでしょう。

とはいえ、闇雲にタイトルを変更すればいいというわけではありません。タイトルは変えるだけで順位が上がることがあるように、不適切なタイトルに変更してしまうと順位が下がってしまう恐れもあります。既に十分な順位を保っている記事などにタイトル変更を行うことは検索順位が下がってしまうというリスクがあることも理解しましょう。

まとめ

この記事では、SEO対策における記事タイトルの重要性や実際に効果的なタイトルを付けるためのポイントを紹介しました。タイトルは気軽に決定できてしまう要素ですが、実はユーザーにとっても検索エンジンにとっても記事の内容を理解するという上で重要な要素となっています。そのためしっかりと競合となる記事やユーザーのニーズを分析してタイトルをつけることを意識しましょう。

弊社イツザイではWebサイトの制作から実際に各企業様の強みを活かしたコンテンツの制作と効果測定、それを元にした方針のご提案などコンテンツSEOを0から始めることができるプランを提供しています。それ以外にも、Webサイトのアクセスをより詳細に分析するプランなどお客様に寄り添い、Web上での集客をお助けするサービスを提供させていただいております。是非ご興味がございましたらお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせはこちら

 

NEXT ›
GA4とUAの違いは?GA4はどう使えばいい? UA終了でGA4……

web集客でお悩みですか?

お気軽にご相談ください!

お問い合わせ

HP集客ステップ step1状況分析,step2集客企画,step3ウェブ制作,step4ウェブ更新,step5データ分析 HP集客ステップ step1状況分析,step2集客企画,step3ウェブ制作,step4ウェブ更新,step5データ分析