Web更新

コンテンツSEOのリライトはどのように行うべきか リライトでSEO対策を強化する

ブログ形式のWebページでコンテンツSEOを行うにはもちろん記事を書くことが重要です。しかし、それと同等に重要なことがあります。それが記事のリライトです。リライトが重要なのは分かっているが具体的に、どの記事をどのようにリライトすればいいのかよくわからないという方は多いのではないでしょうか。今回の記事ではそんな悩みの多いリライトについて解説します。

 

そもそもリライトとは

そもそもリライトとはどういうものなのでしょうか。その名の通りリライトとは「書き直す」ということです。もちろん記事の全てを書き直すわけではありません。SEOにおけるリライトとは、より高い検索結果の上位を目指して、既存のコンテンツをよりユーザーのニーズに適したコンテンツになるように修正することです。つまり、リライトの重要な点は、既存のコンテンツで満たすことのできていないユーザーの悩みやニーズを分析し、コンテンツに盛り込んでいくという点といえます。また、検索エンジンはより新しい情報を重視する傾向にあります。リライトすることでコンテンツの内容を最新の情報に更新することができるというのも重要な点の1つです。

 

コンテンツSEOで集客をしていくには、新しい記事を更新するということと共にこのような既存記事のリライトを効果的に行っていく必要があるのです。

 

リライトが必要なコンテンツとはどのようなものか

さて、リライトがコンテンツSEOにおいて重要な作業であるということはわかったかもしれませんが、実際にどうやってリライトを行っていけばいいのでしょうか。まずリライトを行うためにはどの記事をリライトするかということを決めなければいけません。この章ではどのような記事がリライトを必要としているのかを解説します。

 

検索順位が伸び悩んでいる記事

検索結果が伸び悩んでいる記事はリライトするにはピッタリの記事です。特に1桁後半から10位台前半の順位で伸び悩んでいる記事があるなら、まずはそれらの記事からスタートするのをお勧めします。これらの記事はある程度上位表示ができているといえるでしょう。しかし、検索結果が1位の結果は31%もクリックされるのに対して、7位では4%ほどしかクリックされません。10%以上のCTRを得るには4位以上に表示される必要があります。このように1位に近づけば近づくほど大幅にCTRは上昇するため、ある程度上位の記事を押し上げていくというのがリライトするうえで重要な観点です。

参照:Here’s What We Learned About Organic Click Through Rate

 

検索順位が低いがCTRが高い記事

検索順位が低いにもかかわらずCTRが高めの記事もリライトの対象としては適切です。一般には検索順位が低いとCTRは下がる傾向にありますが、もし高くなっているのであれば上位の記事の内容が不十分なものでユーザーが検索結果の下の方まで確認しているということが考えられます。このような記事をリライトすることで検索順位を上げ、よりCTRを上げることができるでしょう。

 

どうやってリライトすればいいのか

ここまで紹介した基準でリライトする記事を決定することができましたでしょうか。次は実際にどのようにリライトをするかについてです。

 

競合のページを参照する

実際にその記事で対策したキーワードで検索してみましょう。そして上位の記事の内容で共通することがあればリライトする際に参考にしましょう。上位記事で共通している内容はそれ自体がユーザーが必要としている情報であるという可能性が高いためです。そして、競合のページに共通する要素を軸として既存の記事を再構成しましょう。ユーザーのニーズに合わせて不要な部分を削除するなど、記事構成を変更するというのもリライトする上で必要なことです。

 

キーワード選定に立ち返る

記事制作時に選定したキーワードですが、そのキーワードで十分にユーザーのニーズを満たせるのかどうかということにも気を付けなければいけません。検索する際に表示されるサジェストや、検索結果下部に表示される「他のキーワード」にも着目してリライトのテーマを設定することは効果的です。また、選定したキーワードの共起語を文章に盛り込むというような工夫も効果的です。

 

EATと独自性を意識する

リライトする際にはEAT独自性も意識しましょう。EATとは専門性、権威性、信頼性のことです。これらに加え、独自性も必要になってきます。競合するページを参考にする必要がありますが、これだけでは全てのページが同じになってしまいますよね。独自のコンテンツでユーザーの関心を引くことは、SEO的にもマーケティング的にも重要な要素となりますから必要とされている情報とのバランスを考えて独自性も盛り込んでいきましょう。

 

EATについては以下の記事でより詳しく解説しています。

なぜEATを高める必要があるのか SEOにおけるEATの重要性について

 

タイトルやディスクリプションを整える

タイトルとはtitleタグによって表示される記事のタイトルのこと、ディスクリプションとは検索結果で記事の下に表示される3行程の記事の内容を簡単に表示する文章です。これらを改善することもリライトするうえで重要です。例えばタイトルに含まれるキーワードを前半に使用することがその1つです。タイトルとディスクリプションはユーザーが検索結果で最初にそのページが有益か判断する部分です。ですから、その部分をわかりやすく設定することは効果があります。

 

以下の記事でSEOのためのライティングについて解説しています。リライトではなく新規記事のための記事ですが参考になる部分は多くあるはずなので是非チェックしてみてください!

SEOに強い記事とは何か SEOライティングってどうやればいい?

 

まとめ リライトすべきタイミングとは?

ここまでリライトとは何かということやリライトの方法について紹介してしてきました。リライトの総合的なポイントとしては、やはりユーザーファーストということになるでしょう。これはリライトだけでなくSEO全てに通じるとも言えます。

 

まとめとして、リライトのタイミングについても紹介したいと思います。例えば記事数が数件しかないのにもかかわらずリライトを考えているのであれば、まずは記事を増やすことを考えた方がよいでしょう。確かにリライトは記事制作と同じぐらい重要な作業なのですが、コンテンツSEO自体そう短い期間で結果がでる施策ではないのです。そうすると記事の数が少なかったり、記事を出してからの期間が短すぎるのにリライトをしてしまうと特に効果がよく分からないということになりかねません。記事数は50程度、期間としては3~4ヶ月を最低ラインとしてリライトについて考えていきましょう。つまりリライトを考えるのは十分に記事が増えて、期間も経ってからでも問題ないということです。

 

コンテンツSEOにおいては記事を出した後の経過観察も重要なわけなのですが、これはリライトの後も同様です。リライト後の記事の順位の動きを見て、それを評価し、必要があればまたリライトする必要があるのです。このようにコンテンツSEOは一朝一夕に行われるものではありません。1つ1つの作業は難しくなく、導入のハードルは低いのですが、継続していくというのがコンテンツSEOの難しい部分であるといえるでしょう。

 

弊社イツザイでは、コンテンツSEOで集客したいお客様のサポートとなるようなサービスを提供しております。具体的には、毎月のコンテンツ発信はもちろん、サイトへのアクセス分析やWebサイトの制作などを行っております。1からWeb集客を始めるということもお手伝い可能ですのでお気軽にお問合せ下さい!

 

お問い合わせはこちらから

‹ PREVIOUS
SEMとは何か リスティング広告やSEOとは何が違う?
NEXT ›
なぜEATを高める必要があるのか SEOにおけるEATの重要性に……

web集客でお悩みですか?

お気軽にご相談ください!

お問い合わせ

HP集客ステップ step1状況分析,step2集客企画,step3ウェブ制作,step4ウェブ更新,step5データ分析 HP集客ステップ step1状況分析,step2集客企画,step3ウェブ制作,step4ウェブ更新,step5データ分析