Web更新

SEOに強い記事とは何か SEOライティングってどうやればいい?

いざ、コンテンツSEOをはじめようと思っても、最も大事なコンテンツの作り方が分からず困っているという方は多くいるのではないでしょうか。今回の記事ではWebページでのコンテンツSEO対策として代表的な記事の書き方について紹介します。そもそもSEOに強い記事とは何なのか?実際にどのような流れで記事を書いていくのかということを解説していきます。

 

SEOに強い記事とは?

そもそもSEOに強い記事とはどのような記事なのでしょうか?SEO対策の目的は検索結果で上位に表示されることです。SEOに強い記事、つまりSEO対策がしっかりと出来ている記事は検索結果の上位に表示される記事であるといえます。つまりSEOに強い記事とはGoogleの検索エンジンのアルゴリズムに評価される記事であるということです。

 

ではどのような記事が評価されるのでしょうか?この章ではGoogleの評価軸について紹介していきます。

 

ユーザーのためのものか?

あなたの書いた記事はユーザーのためのものでしょうか?この基準は非常に重要なものです。Googleはユーザーに役に立つ、ユーザーの悩みを解決できるページを評価し、検索結果の上位に表示しています。ですから、SEOに強い記事について考えるのであれば、書き手側の独りよがりな記事にならないように注意しましょう。

 

EAT

EATとはGoogleが考える良いコンテンツとは何かということにおいて重要視される要素です。Eは専門性(Expertise)、Aは権威性(Authoritativeness)、Tは信頼性(Trustworthiness)であり、簡単にまとめると情報が専門的で信頼できる内容であるかどうかについての指標であるといえます。

EATに関してはコチラの記事でも解説していますので是非ご覧ください。

 

なぜEATを高める必要があるのか SEOにおけるEATの重要性について

 

読みやすいか?

読みやすさは重要な観点です。これは単にSEOに限った要素ではありません。読みづらく文章でユーザーが最後まで記事を読んでくれなければ、お問い合わせへとつながる可能性も減ってしまいます。また、Googleのアルゴリズムはその記事がーザーにとって読みやすいかどうかを判別しています。読みやすさとは単に文章の書き方だけでなく、見やすさ等のデザイン的な観点も含まれているというところに注意しましょう。例えば、重要な部分や伝えたい部分を強調表示したり、あまりに長すぎる文章は途中で分割し2つの文章にしたりするなどの工夫をすると、より読みやすい文章になるでしょう。

 

SEOライティングの手順について

SEOのために記事を書くことはSEOライティングと呼ばれています。この章では実際にSEOライティングをしていくうえでの手順について紹介していきます。

 

記事のテーマを決める

まずは、どのようなジャンルやテーマで記事を書くのかということを決めなくてはいけません。このようなテーマ決めはSEOライティングというよりWebサイト制作の時点である程度決定されていることが望ましいでしょう。また、テーマに付随して自社がターゲットとしてどのようなユーザーにアプローチしたいのかということを明確にしておくと以降の作業でも役に立ちます。

 

キーワード選定

テーマが決まればそのテーマに関係する語の中からターゲットはどのような語を検索するか、どのような語が需要があるのかという視点からキーワードを決めていきます。この際注意しなければならないのはあまりにも抽象的なキーワードやたくさんの人が検索していそうなキーワードは避けた方がいいというところです。例えば、「みかん」と検索した人が何を求めて検索したかを特定するのは難しいですが、「みかん 甘い 品種」というキーワードであればユーザーが求めているものがよくわかりますし、それに適した記事を書くことが容易になりますよね。

 

競合調査

さて、キーワードが決まれば、次には競合調査を行います。実際にそのキーワードで検索をしてみることでどのような情報がユーザーに求められているのかということを調査します。実際に上位表示されているページというのはGoogleのアルゴリズムにユーザーにとって有益であると認められているページですから、どのような内容になっているのかは確認しておきましょう。また、ここであまりにも同じような内容のページが多かったり、大手のポータルサイト(例えば、「食べログ」のようなもの)が表示される場合は上位表示が難しい可能性がありますから、1度キーワード選定に立ち返るというのも1つの選択肢です。

 

キーワードの裏側にある意図について

競合調査も終え、このキーワードでいける!となったらそのキーワードには直接表されていない悩みや意図を考えることが必要になってきます。例えば「引っ越し 費用」で検索した人は単に引っ越し費用の相場を知りたいだけでしょうか。その人の本当のニーズというのは安く引っ越しをしたいというところであると考えることができます。このようにキーワードの裏側のニーズを考えることで、よりユーザーの悩みを解決できる記事づくりができるようになります。

 

構成決め

記事を実際に書く前の最後の段階として構成を決めます。SEO対策をしているということはWebサイトで集客をして売上を上げたい!と考えている方が多いはずです。記事を何も考えずに書くだけでは実際に売上やお問い合わせにまでつなげることは難しいでしょう。ですから、実際にお問い合わせにつなげることを考えて記事の流れを決めることが必要になってきます。例えば、結論を最後まで引き延ばしたりすることはあまり望ましくありません。最初に結論を言ってしまったら、すぐにページから出て行ってしまうのではないかと考える方もいらっしゃるでしょう。しかし、コンテンツSEOの本質はユーザーのためにコンテンツを提供し信頼関係を構築していくということです。たとえそのページをすぐに出て行ってしまっても、質のいいコンテンツを発信し続ければ、最終的には購買行動につながるはずです。

 

このように記事の内容だけでなく、読みやすい、わかりやすい構成で記事を書くことはユーザーとの信頼関係の構築にも大きく関わってきます。

 

SEOライティングのポイントは?

ここまで、実際に記事を書くまでのことを紹介してきました。ここからは実際に何を考えながら記事を書くべきかということについて紹介していきます。

 

ユーザーファースト

SEOライティングにおいて記事の内容は、ユーザーファーストが求められます。つまりユーザーの悩みやニーズを解決できるものが良い記事であるということです。さらにユーザーファーストという言葉を拡張して考えると、読みやすさやわかりやすさというのも含まれています。

 

キーワードを使う

せっかく選定したキーワードですからしっかりと記事内に盛り込んでいきましょう。少なくとも記事のタイトルには選定したキーワードを使用すべきです。記事内においては無理に使う必要はありません。むしろ、不自然に使うと逆効果になることもありますから、あくまでも自然にキーワードを使うということを意識してみましょう。

 

共起語を使う

共起語とは選定したキーワードと近しい、結びつきの強い語のことです。共起語とキーワードは検索結果上で一緒に出てきやすくなっています。共起語を用いることで検索エンジンからキーワードとコンテンツの結びつきをより強く認識させることができるでしょう。

 

独自性

独自性は非常に重要な要素です。競合調査で他のページを参考にするあまり同じような情報を載せた記事になってしまっては上位表示を目指すのは難しいでしょう。ですから、上位の記事を参考にしつつも、自社の強みや特長他のページにはない視点を持ち込むことで独自性のある記事づくりを行いましょう。

 

SEOライティングに使えるツールを紹介!

実際にSEOライティングを行っていくにしても「どうやってキーワードを選んだらいいの?」「共起語はどうやったらわかるの?」という疑問があるかと思います。この章では実際にこの記事を書く上でも使用しているツールを2つ紹介したいと思います。

 

キーワードプランナー

 

Google キーワードプランナー

 

キーワードプランナーはGoogle広告のサービスに含まれているツールの1つです。キーワードプランナーではキーワードを入力することで、そのキーワードに関係する「キーワード候補」や1ヶ月にどれだけそのキーワードが検索されているかという「月間平均検索ボリューム」、Google広告における「競合性」など様々なキーワード選定時に参考になるデータを集めることができます。特に「月間平均検索ボリューム」は上位表示を狙うために多すぎず少なすぎない検索数のキーワードを探すうえで重宝します。

 

ラッコキーワード

 

ラッコキーワード

 

ラッコキーワードはラッコ株式会社が運営するGoogle検索のサジェスト(入力予測)や共起語、周辺語を検索できるサービスです。こちらはキーワードを選定する際はもちろん、記事を書いていくうえで共起語を調べるときに便利なサービスです。

 

まとめ SEOを成功させるために必要なこと

今回の記事ではSEOに強い記事の書き方をテーマに実際にSEOライティングを行うためにどのようなことをすればいいのかを紹介しました。この記事を参考にすればあなたもSEOライティングができるはずです。

 

しかし、コンテンツSEOで結果を残していくにはただ記事を量産すればいいわけではないということもここで紹介しておきます。というのも、記事によってはユーザーのニーズとずれていたり、記事を書いた時からユーザーのニーズが変化してしまったりする場合などがあるからです。そういった時には適切な内容にリライト(再編集)する必要があるのです。このような理由でコンテンツSEOは記事を書くことに加え中長期的なデータ監視や分析が必要になるのです。

 

弊社では今回ご紹介したSEOライティングによるコンテンツ発信はもちろんのこと、コンテンツを発信するための土台となるWebサイトの制作、記事投稿後のデータ分析など、コンテンツSEOで集客を行っていきたいというお客様をお手伝いするサービスを提供しております。是非お気軽にご相談ください。

 

お問い合わせはコチラ

‹ PREVIOUS
なぜEATを高める必要があるのか SEOにおけるEATの重要性に……
NEXT ›
Googleのクローラーって何者? SEO対策するなら必須の知識……

web集客でお悩みですか?

お気軽にご相談ください!

お問い合わせ

HP集客ステップ step1状況分析,step2集客企画,step3ウェブ制作,step4ウェブ更新,step5データ分析 HP集客ステップ step1状況分析,step2集客企画,step3ウェブ制作,step4ウェブ更新,step5データ分析